イイね!な暮らしは色んなところから|水道修理で快適life

作業員

予算と変化

住居のどこを変更したいかによって必要な予算は大きく変わる

リフォームの箇所によって費用が違ってきます。例えばクロスを張り替える小規模リフォームならば、費用は5万円ほどからできます。またフローリングの張替えも人気リフォームとして知られていますが、一部屋あたりの相場として、重ね張りならば10万円から20万円ほど、古い床材を剥がした後にフローリングを張る場合でも20万円前後が相場です。 一方で、大規模なリフォームとなると当然その施工費用が跳ね上がります。店舗から住宅に変えたり、中古マンション購入後のスケルトンリフォームならば費用は数百万円から1000万円以上必要です。

国内におけるリフォームの変遷と広がりについて

日本における最も古い住居は竪穴式住居です。紀元前以前から存在していることが遺跡によって判明しており、大地から少し掘り下げた場所に円形状の土間を設けており、骨組は草葺の簡易な住宅でした。 以降歴史が進むと商人や職人の住む町家が大都市で誕生します。現在の和風住宅に近いもので工法も在来工法であり、この頃には既にメンテナンスのために今のリフォームに近い事を行っていました。基礎構造を変えたりといったことはありませんが、増築や建て増しをするケースがありました。 戦後は住宅需要が人口増加もあって右肩上がりで増え続け、ツーバイフォー住宅の流行により、住宅の長寿命化が進むとリフォームを繰り返して住むことが定着していき、現在のように幅広くリフォーム工事が行われるようになります。